トップページ > スタッフブログ >  築港麺工房(大阪市港区海岸通)

スタッフブログ

2020.11.18 NEW

 築港麺工房(大阪市港区海岸通)

こんにちは!建築設計室の山田です。
火曜日、大阪市住之江区南港北のLIXILショールーム南港に行く途中、美味しいうどん屋さんがあるというので、行ってきました。

 

店の名前は、『築港麺工房』。
大阪市港区海岸通にあるレトロなビルの1階です。

 

「麺が売切れましたら終了します」
との注意書きがありました。
ランチタイムちょうどの12時過ぎに来ましたので、席が空いてるか心配です。

 

店内は比較的広かったです。
食券を購入するセルフサービススタイル。
昔は、旧大阪商船ビルが所有しており、船員の待合所だったそうです。

 

木製の床は現代風なものに張り替えてあるものの、白く塗られたコンクリート壁にコッテコテに塗料が塗られたすりガラスの窓枠。
まるで小学校の古い校舎にでも足を踏み入れたような雰囲気です。

 

オーダーすると、銭湯で使われてるような番号札を渡されます。
着席して無料のルイボスティーをいただきながら待ちます。
壁の掲示を見ると「茹で時間、10分以上かかります」とのこと。
生麺をオーダーが通ってから茹でるスタイルは、麺に対するこだわりが感じられて嬉しいです。

 

一緒に行ったスタッフのオーダーです。
営業開発課の薦田は、『明太子クリームうどん』。
まろやかなクリームの味わいに、もみ海苔の香りがたまらないそうです。
女性に人気の明太子なので、まず間違いなさそうです。

 

黒田がオーダーした『梅和布うどん』。
甘めに味付けされた梅とわかめの入ったうどん。

 

西がオーダーしたのはなんと、『温玉豆乳カルボナーラうどん』。
豆乳と生クリームをつかった温玉入り特性カルボナーラうどん。
聞くととても美味しかったようです。

 

渡辺がオーダーしたのは『大判きつねうどん』。
甘く炊き上げおあげの入ったうどん。
彼女はいつもきつねうどんを食べているイメージです。

 

延時部長のオーダーは、『鶏天ぶっかけうどん三』。
ボリュームのある築港麺工房名物の鶏天3本と舞茸天の入ったうどん。
それに『釜揚げしらすご飯』と豪快な組み合わせです。
鶏天を1本いただきましたが、衣がソフトで、小麦薄めなのでは私好みな味でした。

 

私がいただいたのは、『炙り鴨と白葱天小丼』。
白ねぎの天ぷらとえのきの天ぷら、衣がお出汁をすってトロッとしゃきっとでいい食感。
鴨肉がこんなに美味しかったんだとあらためてビックリです。

 

天ぷらはすべておじさんが揚げていました。
次回は鶏天、舞茸天などの揚げ物をいただこうと思います。

 

大阪なのに濃いめの出汁が印象的。
うどんも讃岐ほどではないが、コシがありとても美味しくいただきました。
また近くに来る機会があればぜひ寄ってみたいと思います。

 

 


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
  ランキングに参加中!
クリックして応援お願いします!

  • 建売・土地情報 ご家族そろって、お近くのモデルハウスへお気軽にお越しください!
  • 資料請求 家づくりにちょっとでも不安がある方、これから家を建てる方に役立つ情報が満載です。