トップページ > スタッフブログ >  横浜Fマリノス戦(Jリーグ第22節)

スタッフブログ

2020.10.14 NEW

 横浜Fマリノス戦(Jリーグ第22節)

本日行われたJリーグ第22節、横浜Fマリノス戦の現地観戦レポートです。
ガンバ大阪は、現在6連勝中と波に乗って、未消化ゲーム数が少ないながらも暫定4位につけています。
しかも第20節の鹿島アントラーズ戦は、2016年の開場以来勝てていなかったホーム、パナソニックスタジアム吹田で初勝利。
新型コロナウイルス感染症の影響により振替え開催となったミッドウィーク、第10節のサガン鳥栖戦は、過去7試合で1勝6敗と苦手のアウェイ駅前スタジアムで、見事勝利。
そして、土曜日に行われた第21節のFC東京戦は、2001年シーズン以来19年ぶりに鬼門であった味の素スタジアムで勝利を飾りました。
今日はホームに横浜Fマリノスを迎える一戦です。

 

今日はココから。ミッドウィークなので、業務終了後にスタジアムへ。
もうナイトゲームは寒い。

 

スタメンを見る限り、ガンバは連勝中なので、システムは変更せず。
前節のFC東京戦が中二日でのゲーム、しかもピッチが重馬場で体力を消耗したはずですが、スタメンの変更はアデ(アデミウソン)が外れ、康介(小野瀬康介)が3ゲーム振りに入りました。
だいぶ気候が良くなったとはいえ、連戦続きなので故障などのリスクを避けるためにもターンオーバーを採用してほしいが、コンビネーション優先のツネ(宮本恒靖)は頭にないようです。
特にフル出場が続く陽介(井手口陽介)や故障明けの源(昌子源)は替えが利かない選手なので、そろそろ休ませてあげたいところです。

 

しかし、相手は前年王者のマリノスなので、ベストメンバーで臨むということでしょう。
対するマリノスは前節から5人替えてきました。
エリキ選手、ジュニール・サントス選手、マルコス・ジュニオール選手の前線3人は脅威。
得点力のある相手をどう抑えるかがカギになります。

 

今日も左サイドバックは湧矢(福田湧矢)が務めます。
リリースがないので心配ですが、ハル(藤春廣輝)は今日もベンチ外です。

 

ヨングォン(キム・ヨングォン)と源のセンターバックコンビを中心とした4バックシステムに変更してから、ディフェンスは安定してきました。
6ゲームで失点3、うちクリーンシート2ゲーム。
GKヒガシ(東口順昭)を中心に、ディフェンスが安定してきたことが連勝の大きな要因です。

 

しかし、マリノスのブラジル人トリオはやはり上手い。
エリキ選手がディフェンス陣に囲まれながらもペナルティエリア右に横パスを出すと、そこにいたマルコス・ジュニオール選手がシュートを放つ。
一度はヒガシがセーブしたのだが、不運にも跳ね返りがマルコス・ジュニオール選手、そしてさらにヨングォンの顔に当たってそのままネットを揺らすことに。
記録はオウンゴールですがさすがの連携。
先制されてしまいました。

 

しかし、今日のガンバは前線も速いテンポで攻撃のチャンスが続く。
そんななか貴史(宇佐美貴史)がPKを獲得し、自ら決めて同点に。
前半のうちに追いつくことができたのが、後半に得点を予感させ、逆転を信じるガンバサポーターを安堵させる。

 

後半もガンバが優勢に攻めてポゼッションを高めながらゲームは進んでいくが、結局1-1のドロー。
連勝は6でストップしました。
ゲーム中、心配だったのは源が足首を痛めてプレイを中断。
ドクターの雰囲気から古傷を痛めたでしょうか?
彼は痛み止めを飲んで気合でピッチに戻りましたが、きっと次節以降、離脱するような感じです。
源のコーチングは的確で、気持ちが入っているので、彼が抜けると少し心配です。

 

今日のガンバは、全員が強度の強いプレイで、1対1にも競り勝っていました。
流動的に動くことにより、セカンドボールもほぼ収めることができていました。
残念ながら結果はドローですが、今シーズンのベストゲームに挙げても良いゲーム内容でした。
優勝は現実的に不可能となった今、AFCチャンピオンズリーグ出場圏内、ストレートインできる3位はマスト。
そして必ず天皇杯出場可能な2位になってタイトルを獲らなくてはなりません。
ましてや2位ということは上は川崎フロンターレ。
隣よりは上の順位もマストです。
当面の敵はゲーム数の近い、隣、名古屋グランパス、鹿島アントラーズ辺りになってきます。
次節からは下位クラブとの対戦が控えていますが、取りこぼしもないように頑張ってほしいものです。

We are with you
どこまでも青と黒
GAMBA OSAKA!

 明治安田生命J1リーグ第22節
  ガンバ大阪 1-1 横浜Fマリノス
得点/  26分  オウンゴール
   46分  宇佐美貴史(P)
主審/  村上伸次
会場/  パナソニックスタジアム吹田(吹田市)
観衆/  6455人
   

 


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
  ランキングに参加中!
クリックして応援お願いします!

  • 建売・土地情報 ご家族そろって、お近くのモデルハウスへお気軽にお越しください!
  • 資料請求 家づくりにちょっとでも不安がある方、これから家を建てる方に役立つ情報が満載です。